滋賀県議会議員 さとう健司公式ホームページ

滋賀県議会議員 さとう健司公式ホームページ トップに戻る

さとう健司のめざすもの

未来への6つの視点

今こそ「人づくり」に全力

人口減少社会を迎えて、あらゆる分野で未来に向けた「人づくり」を進めていく必要があります。子ども達の未来をつくるのは自分たちの世代の責任だという強い思いで、すべての人が輝く滋賀を目指します。

教育学力向上を目指します。

教育再生、学力向上を目指します。

全国でも下位に低迷する全国学力・学習状況調査の結果を踏まえて、教育現場、家庭や地域と連携して教育再生に取り組みます。
学力だけでなく、生きる力を育む「心の教育」を充実するとともに、家庭を支援する体制を構築します。また、児童・生徒数が急増している特別支援学校の整備を目指します。


・放課後学習や土曜日授業の環境整備
・幼少期の学ぶ力に着目した保幼小連携
・学校図書館の充実と学校司書の完全配置
・スクールカウンセラー・ソーシャルワーカーの増員

医療・介護の充実、健康づくりを進めます。

医療・介護の充実、健康づくりを進めます。

「命」に関わる政策にこだわり続けます。地域医療の充実を図るとともに、保健・医療・介護の連携をさらに進め、一人暮らしの高齢者や要介護認定者を地域で見守る仕組みをつくります。健康寿命の延伸を目指して、予防重視に大胆に転換するとともに、条例に基づくがん対策や歯科口腔保健の充実を図ります。


・認知症の早期発見に向けた体制整備
・医療、看護、介護人材の育成、確保
・がん患者の就労支援
・小児保健医療センターの充実

暮らし安心、災害に強いまちをつくります。

土石流や地滑りなどから命を守るため大津市で47パーセントに留まっている土砂災害警戒区域の指定を急ぎます。また、近年の台風などで大きな被害が出た大戸川をはじめとする河川の整備に取り組みます。新たに整備される危機管理センターを中心に地震などの自然災害や原子力災害への備えを進めます。


・自主防災組織や消防団への支援の拡充

・災害情報の伝達や避難誘導体制の強化

地域経済の活性化

国の地方創生の動きにあわせた地域経済の活性化に取り組みます。
水環境ビジネスをはじめ県内企業の海外展開への支援を働きかけるとともに、廃業率が開業率を大きく上回っている現状を受けて、創業や企業承継への支援の充実を目指します。また、農林水産業の担い手づくりを進めます。

 

・若年者や女性、高齢者の就業支援の充実
・県内企業の海外展開支援のワンストップサービス化

子育てを応援します。

仕事と子育ての両立が出来る社会を目指すとともに、就学前教育の質の向上を目指した取り組みを進めます。
放課後児童クラブの環境整備を進めるとともに市町と連携してサービスを拡充します。「小1の壁」と言われる就学前からの接続をスムーズに進めることで働きながら子育てする家庭を応援します。


・保育人材の育成、確保
・児童虐待防止対策の強化
・高校の修学支援の充実
・3人以上の子供を持つ世帯に対する負担軽減策の検討

暮らしの価値向上で県民満足度向上を高めます。

教育再生、学力向上を目指します。

平成36年に開催される国体を見据えて、健康づくりと街のにぎわいの拠点としてスポーツ施設の再整備を進めます。歴史文化資源を活用したまちづくりや警察力の向上など治安対策、防犯対策の強化に取り組みます。
また、再生可能エネルギー導入や大量繁茂する水草対策などを拡充し、未来に受け継ぐ環境を守ります。


・新県立体育館のびわこ文化公園への誘致
・近江国庁を中心とした史跡の活用
・大津市東部における警察拠点の検討